ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

ロッキー2を観た ネタバレ注意

ここ最近はロッキーシリーズにハマってしまったので、第二作目も。

 

 

前作のアポロとの激闘の末、惜しくも敗れたロッキーは、アポロからの再戦の要請を断り、ボクシングから離れて新しい道を探ることに。エイドリアンと結婚し、新しい命も授かって新たな生活を送る為に別の仕事を模索するけど、不器用な彼はなかなかうまくいかない。
そうした中で自分にはボクシングの道しかないと考え、再びリングに上がる決意を固めるのだけれども、前回の戦いで負傷した右目が思わしくなく、妻のエイドリアン、そしてトレーナーのミッキーからもボクサー復帰を反対され、仕方なくミッキーのジムで働かせて貰うことになる。

 

一方のアポロはロッキーに勝利したにも関わらず、世間から「あの戦いはアポロの負けだった」、「引き分けだった」という強いバッシングを受け続け、それを払拭する為にもロッキーとの再戦に執念を燃やし、激しい挑発キャンペーンを行う。
これに怒ったロッキーとミッキーは再挑戦を決意し、再び厳しいトレーニングを積むこととなるけれども、エイドリアンから反対されていることからなかなかトレーニングに身が入らない。そんな彼を見かねたミッキーは見放そうとするが、そこでエイドリアンが倒れて病院に運ばれたとの一報が入る。
幸い一命を取り止めたものの、エイドリアンにこれ以上心労をかけたくないロッキーはもうボクシングは辞めると言い出す。そんなロッキーに対してエイドリアンは「勝って」と告げる。その言葉を受けた彼は奮起し、再びトレーニングに打ち込むこととなる。

万全の態勢を整え、再びアポロとの激闘に突入する…

 

 

今回の見どころの一つが、ボクシングと距離を置くこと。普通のスポ根ストーリーだったら負けたらまた奮起して再戦!となるだろうけども、ロッキー2の場合はボクシング以外の道を模索することから始まる。それは激しく殴られ続けるのがもう嫌だといった生々しい本音。そして独り身だった前作とは違って伴侶と息子という守るべき存在ができたという生活上の変化。そうした複雑な心情が細かに描かれている。

 

 

特に再就職に悪戦苦闘する姿も印象的だ。CM出演を試みるもセリフが覚えられなかったり、義兄のポーリーの紹介で精肉工場で働き始めるも不況の煽りを受けて解雇されたりと、リアリティさがひしひしと伝わってくる。

二つ目は守るべきものの存在だろう。エイドリアンと結婚し、ロバート・バルボア・ジュニアという息子を授かり、前作のようなちゃらんぽらんさがなくなってきた。
そうした責任感がボクシングへの足かせになってしまう場面もあったけど、最終的にはボクシングに打ち込むきっかけとなっていくのだ。

 

 

あと、トレーニングでフィラデルフィアの街をランニングする場面があるけれども、徐々にロッキーの周りに子供たちが集まってきて、最終的には大集団で走り抜けるシーンも感動的だ。ゴロツキ崩れからフィラデルフィアの誇るヒーローに変わったことを象徴している。

 

 

そしてラストのアポロとのリターンマッチ。前作以上の激闘で、最終ラウンドで同時ダウンとなるも、ロッキーが立ち上がり、遂に文句のない勝利を納める。それだけでも感動的だが、その後のアポロと健闘を称え合うシーンも忘れられない。互いに汚く罵り合ってきた2人だけど、2度の激闘を経て無二の親友となる瞬間だ。

 

 

前作での惜敗を経て、一時はボクシングからの引退を考えるも愛する家族や恩人たちの後押しを受けて宿敵に打ち勝つのはやはり感慨深い。しかもそれが旬を過ぎた30過ぎのボクサーがやってのけるのだから、おっさんとなった自分が観るとまた一つグっとくるものがある。