ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

近況

またまた久しぶりの更新になってしまったが、近況報告でも。

 

「マラソン」

ラソン大会が月末に迫ってるので、流石の俺も練習をそれなりにやるようになった。もっとも、本来ならばこの時期は走り込みをするというよりもとにかくコンディションを整えるべきなのだろうが。

 

今まではハーフマラソン(約21キロ)程度走ると、とにかく膝が痛くなるわ、後から吐き気はくるわだったけども、最近になると余裕が出てくる程になった。それで走ってる最中でも走り方を自分なりに変えてみたりすると、意外と速く走れるのでは?と錯覚することもあった。これには俺自身も驚いた。

俺が特に意識してるのが、「つま先で着地して走る」ことだ。これによって膝への負担を軽減されると聞いて実践してるけど、今のところいい感じだ。

もっとも、実際のフルマラソン(42.195キロ)になるともっと「抑えて」走らなければならないので、どうなるかはわからないけども。というよりももっと長い距離を走っておけよ、俺。

 

何はともあれ最終目標はあくまでも完走なので、とにかくケガにならないようにストレッチとかに気を配っておきたい。調子に乗って相手と張り合ったりしていたら、回収バス(制限時間オーバーのランナーを収容するバス)どころか救急車を呼ぶ事態に陥って、本当に洒落にならないから。

 

「FINALFANTASYVⅢ」

空いた時間はずっとこれをやっていた(真面目にトレーニングせい)。

PS4のリマスター版が出たと聞いたので、ついつい我慢できなくなってDLした。PSのソフト版は発売当時に予約で購入してクリアしたけれども、宣伝を見ていたらあの懐かしい気持ちが蘇ったのだ。

ストーリーの変更とか、外伝的な要素の追加はない。オリジナル版と違うのは、「最初からHP満タンで特殊技をいつでも出せる」、「エンカウントなし」、「3倍速のゲーム進行」(これらは随時ON/OFF可能)。特に3倍速進行とエンカウントなしはストレスを感じなくなるのでオススメだ。あとは何よりもキャラクターのグラフィックがかなり美しくなったことだ。個人的には森のフクロウのゾーンのイケメン度が上がっていたことに感銘を受けたが。

俺は最速クリアとかはできないタチで、じっくりレベルを上げてアイテムや魔法を集めながらチマチマとプレイする派なので先週ようやくエンディングを見た。

中学か高校の時にオリジナル版をクリアしているので初期衝動的な感動はなかったけど、挿入歌の「アイズオンミー」を聴くと涙腺が緩くなった。以前はこんなことはなかったけど、これも時が経って色々と感覚が変わってきたということなのだろうか。

 

あとは昔プレイしていた時はストーリーの詳細とか難しくて理解できていなかったけど、今はネット上に情報が溢れているおかげで、それなりに把握してゲームを進めることができた。あとは登場人物とかその背景とかを考えながらプレイするようにもなった。これも俺が歳を重ねたということなのだろう(というよりもこの歳でやることじゃないが)。

 

まあこの後は能力アップアイテムを集めて「ドーピング」に勤しんでいきたいね。俺はドーピングこそRPGの華だと思っているので。

 

プライベートでやらなければならない面倒ごととかも結構あるし、趣味のブログも書きたい。あとは吐き出したいネガティヴなことも結構あるので、それもできればこちらでぶちまけたい。その他はやろうやろうと言ってやらず仕舞いだったこととかも色々と。

 

「半活動休止」でやってるけど、流石に本格始動すべきだろうな。