ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

残りの貯金を使って

俺にはくろやぎさんやくらげネコさんみたいな預金も金融資産もない。だけど、辛うじて半年くらいはニートをやれるだけの貯金は残っている。

 

そんなに貯金が少ないのだったらネット上で活躍されている方々の様に期間工で稼いだり、お金の勉強をして節約したりするべきなのだろうけども、今の摩耗した俺ではそれもままならない。もっと心と体が元気な頃だったらやり始めたかもしれないけど。

 

なのでここ数年はこんなことばかり妄想していた。

 

残りの貯金を使って真世界(海外)に行きたい!!

 

今の日本で働いていてもジワリジワリとジリ貧に近づいていって、仕舞の果てには本当に行き詰ってしまう。それだったらお金が残っている内に好きなことをしたり、今まで行ったことがない国を旅した方が良いと思ってしまう。

 

理想を言えば真世界での通用するスキルを身につけてから堂々と海外脱出なんだろうけども、それができるならばとっくの昔に何かをやっている。俺の場合は「海外挑戦」ではなく、ある種の「卒業旅行」みたいな感じだ。

 

それに日本で預金封鎖なんかされたら本当に生殺しにされちゃうからね。そんな無念を味わうくらいならキッチリ使い倒して楽しんでやりたい。20代の頃はライブに行きまくっていたとはいえ、無念の経験を味わいまくってしまったからそのツケを払いたいのだ。

 

だけど、親とか周りが許してくれないんだよなあ。俺自身は諦めがついてるけど、周囲からすればなぜか「お前はまだまだやれる!」と評されるし。

ここまでくると家出とか失踪をしようにも踏ん切りがつかなくなってきてるし。もしも俺が20歳前後で地元を離れていたら確実に放浪ばかりしていて、30歳を超えることはなかっただろう。

 

それと今年くらいになってからは旅欲とかも落ちてきちゃったしね。以前はとにかく旅とかライブに行かないといけない!みたいな強迫観念?みたいなものが強かったけど、今はそれよりもネットでせいぜい旅ブログや旅チャンネルを見ながら冷凍そばをすする方が幸せを感じる。勿論実際に現地に行った方が楽しいだろうが、行ったらそれでおしまいという感覚が年々強くなっていったのだ。

 

残りの貯金を全てFXや宝くじに投入したりする気は毛頭ないけど、代わりに何か作ったりするのがいいのかもね。ブログもある意味創作物だけど、工作とかそういうのにお金を使った方が有意義なのかもしれない。