ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明けを観てきた ネタバレ注意

先週の土曜日のレイトショーでスターウォーズの最新作を観てきた。

毎度のごとくネタバレが含むのでこの先は自己責任で…

f:id:teinousennin:20200120195952j:plain

 

 

あらすじ

ファーストオーダーの最高指導者スノークを殺害し、最高権力者となったカイロ・レンは惑星エクセゴルへ向かう。そこで出会ったのは30年前の戦いで死亡したと思われていた皇帝パルパティーンだった。彼はそこでレイを殺害するように命じられる。

一方、師ルーク・スカイウォーカーを喪ったレイはレジスタンスのレイアの元で一人ジェダイの修行を行っていた。そんな中フィンとポーはファーストオーダー内のスパイを通じてパルパティーンの生存を知り、レジスタンスに伝える。

レイたちは皇帝パルパティーンのいる惑星エクセゴルの手がかりを探すために旅立っていく。

 

スノークの正体

前作でカイロ・レンに呆気なく倒されたスノーク。彼の正体は今まで明かされていなかったが、本作でパルパティーンの操り人形であることが判明する。詰まる所、ファーストオーダーの所業は全てパルパティーンの意のままだったのだ。

 

レイのファミリーネーム

新三部作が始まってからレイのファミリーネームが謎になっていたが、こちらも明らかになる。カイロ・レンから告げられるのだが、本名はレイ・パルパティーンパルパティーン皇帝の孫娘に当たるのだ。レイの両親はレイを守るために惑星ジャクーに隠し、その後に殺害されてしまう。本作でもレイがフォースライトニングを使うシーンがあり、シスの血を引いている伏線が張られている。

 

感想

遂に長きに渡って描かれたスターウォーズが完結したわけだけど、やっぱりパルパティーンは銀河最強の男であり、有能すぎると個人的に思う。エピソード6の時点で明らかに突き落とされて死んでいたはずなのに密かに生きているし、潜伏期間の間にしっかりとファイナルオーダーという巨大艦隊を編成しちゃってるし。というよりもどれだけ長生きなんだろう?パルパティーン爺ちゃん(既に人間ではないと思うが)。

あとは今作では遂にレイアも亡くなってしまう。前々作ではハン・ソロ、前作ではルーク・スカイウォーカーと過去の英雄たちが次々と去っていくのは時代の流れとはいえどもやはり寂しい。そんな中再登場したランドがいい味を出していると思う。作中での飛行船を操る活躍もそうだが、レイアの跡を受け継いだポーに対しての励ましが素晴らしかった。個人的は本作でのハイライトだと思う。

ラストは、レイがルークとレイアのライトセイバーを惑星タトゥイーンのラーズ達の住居跡に埋めて、通りすがりの老婆に名前を尋ねられ、「レイ・スカイウォーカー」と名乗りエンドロール。

本当に長い物語で、何度も平和になったかと思えば奈落の底に突き落とされた展開だけど、ようやくハッピーエンドになって良かった。