ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

社内ニートと仕事こなせないのどっちがマシ?

現在は仕事をこなせないダメ労働者の俺ではあるけれども、「社内ニート」だった時代もある。最初の会社に入社したての頃だ。

 

その頃は学校で取得した資格を生かした部署に配属されると思っていて、今とは比べ物にならないくらいのやる気があった(それでも既に壊れていたのだろうが)。

しかし実際に配属されたのは全く違う部署(当初は製造部門だと思っていたが、管理の部門だった)であった。配属して1カ月くらいは本当にやることがなくて、ひたすら雑用を探したり、部品の入荷リストを確認したりして時間を潰していた。所謂社内ニートだった。

 

あまりのギャップに完全にやる気を失ってしまった。それで「会社に行くのが嫌だな」と両親に愚痴をこぼしたら親父に滅茶苦茶怒られた。以前の記事で書いたけれども、無茶苦茶な精神論を押し付けられた。とにかく3年は我慢しろと。

 

それでそのまま仕事を続けることになったのだけれども、それ以来こちらから親に相談したり訴えたりすることは一切なくなった。取り調べ形式で吐かされることはあったけれども(今思うとこちらから頼んでもないのによくもズケズケと入り込んできてどんな神経してるんだという話だ)。

 

仕事の方は徐々にやることが増えていって、社内ニート状態からは脱していったけれども、今度は業務量が自分にとっては膨大でこなせなくなって、毎日2~3時間は残業する日々が続いていった。

 

それをやってるだけでも疲弊して転職する気力もなくなってしまったが、それに輪をかけて親父からも「何でできないんだ?」、「とにかく3年は続けろ」と叱責を受ける日々が続いて、会社を辞めるのを諦めてしまった。こうなる前に実家から逃げてほしいね。

 

この状態が現在も続いてるわけだけど、個人的にはやる仕事がない、与えられない社内ニートよりもできない仕事を振られ続ける現在の方が辛いと思う。

当然社内ニートもやる仕事がないので周囲の目とか罪悪感とかで辛いというのはある程度理解できる。しかし、できない仕事を振られ続けると本当に自己肯定感が損なわれるし、自己成長なんてもってのほかだ。それに周囲からは邪魔者扱いされるしいじめられるし。業務改善もクソもない。

そこからちゃんと脱出できればまだ救いはあるけれども、俺みたいに親と同居している子供部屋おじさんとかだとそれもままならない。職場からは「もっと考えろ」と怒られ(俺が考えられるのはさっさとクビにしてもっと優秀な人間を引っ張ってこいだ)、親からは「次の仕事を探すまでは絶対に辞めるな!」とサンドウィッチ状態。

 

長々と猛毒を吐いてしまって申し訳ないが、やはり腹を括って退職願を出せって話だよね。何だかんだ言って覚悟のない人間は悲惨になるってことだな。

色々とやり方を変える時がきたのだろう。