ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

CDってどうしてる?

最近は買うことも少なくなったが、CDが溜まってきた。全部かき集めると大体120枚くらいになりそうだ。CDコレクターからすればかなり少ない方だと思うけれども、持っているCDラックが満杯になって置き場所に困っている次第だ。

 

CDを本格的に買い集め始めたのは、ライブに行き始めた12~3年前くらいだろうか。行きつけのライブハウスの最寄りのCDショップに行くことが多くて、全盛期はお気に入りのアーティストが新譜を出す度に買っていたこともあった。

 

あとはフジロックサマソニに行く前に「予習」として買うことか。特に4フジロックに出演するアーティストとかはレンタルCD屋に行っても音源がないことも少なくない為、amazonでポチるのだ。

 

それで買ったCD達はすぐにPCに挿入されWindows mediaplayerに取り込まれ、またケースに収められていく。そしてそのままラックに収納されていくというパターンが積み重なって現在に至るのだ。

 

ここまで溜まったら売り払ってやろうかと思ったこともあったけど、利息三文になってしまうことを考えると売る気が失せてしまうし、かといって廃棄するのも勿体ない。

もっとも、いつかは断捨離しなければならないので、BOOKOFFとか駿河屋のお世話になる必要があるのだが。

 

なので今は面倒で効率が悪いのは承知の上で、プレイヤーに入れて聴くようにしている。それまでは音楽はmediaplayerかYOUTUBEでかけ流しだったけど、アルバム単位で聴いているとこちらの方が頭に入りやすいのかなと思う。歌詞カードとかもついているし。

 

後はフェスの予習用に買って以来お蔵入りしていたCDを聴いてみると、当時とはまた違った感覚で聴けて面白く感じるようにもなった。未だに洋楽は詳しくなれてないのだが。

 

皆さまはCDはどうしているだろうか?