ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

自責でも他責でも

久し振りに甘えてブチギレさせる記事でも書いてみよう。

 

他人を責めるのは人間の風上におけないとか、甘えとか、ゴミクズとか言われ放題だけど、自分を責めるのはまだマシというか、真面目ととられる風潮が強いように思える。

 

でも俺からすればどっちでもいいんだよね。自分のせいにしようと他人のせいにしようと。

 

他人のせいにしようとする奴は成長できないというのが通説だけど、それを声高々と叫ぶ奴が意外なところで責任転嫁したりするケースも少なくない。おいおい、お前だって人のせいにしとるだろうがとツッコミたくもなる。

 

逆に自分を責めるタイプだと世間の同情を得やすいけれども、「自分の努力が足りない、何てダメな奴なんだ」と自分を追い込んで、最悪自殺してしまったりする。世間から抹殺されるのは貴方じゃなくてもっとズルくて人を貶めるやつだろうがとツッコミを入れたくなる。

 

俺が言いたいのは、必ずしも自責が善で他責が悪ではないということだ。重要なのは実際に何をするか、それだけだ。

 

他責タイプならばただ単に愚痴を言うだけでなく徹底的に相手と闘ったりして、自責タイプならば努力して自己成長したり、徹底的に回復するなどの具体的な行動を取れば良いと思っている。

 

何度も繰り返すが、人のせいにしようと自分のせいにしようとどちらでも構わない。

だけど、それに対してどんなアクションを起こし、どうしていくか。

それが自己責任なんだと思う。