ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

久し振りに20キロ走った

先日、近所の総合運動公園で20キロ走ってきた。いつもは家の周辺の道路沿いを走っているけれども、この日は友人の誘いがあったのでこちらで走ることとなった。

 

20キロ走ったのは去年のフルマラソン以来である。今年の春辺りから週一ペースで走っていたけれども、せいぜい10キロ弱で「習慣づけ」としての意味合いが強かった。

そしてコロナの影響もあって、人が集まりやすい総合運動公園に行くのをためらうようになり、ぼっちで走れる場所を選ぶようになっていった。

 

teinousennin.hatenablog.com

 

いやはや、あれから1年が経っていたようにはとても思えない。去年の今頃は来年はもっと大会に出ようと意気込んでいたけれども、コロナ禍で大会は軒並み中止に。

今年密かに狙っていた大会も夢のまた夢となってしまった(現状では俺が元気なうちに出れるのかも不明だ)。

 

話は戻って、ランニング当日は快晴でそれほど寒くもなく暑くもなくで絶好のランニング日和。そしてこの運動公園はラバーが敷いてあってとても走りやすく、多くの人が訪れていた。

一応マスクはつけていたけれども、走っている最中に苦しくなってきたので途中でつけ外しを繰り返していた。中にはつけてない人もおられたが、密になっていない状態ならばまだ良いと個人的には思う。

 

走り始めてから4キロくらいまでは快調に走れていたけれども、7~8キロくらいのところで腹にダメージがきいてきた。走っていたのがお昼前で若干空腹気味というのもあったけど、一番の要因は…

 

夜更かししてゲームしていたからだった…

 

我ながら情けない…幸いリバースとまではいかなかったけれども、途中何回もランニングを中断しようかと思った。

それでも、ペースを落としながらも20キロを2時間と少しで走り終えることができた。

今の状況だとギリギリフルマラソンを完走できるかどうか?というレベルだろう。個人的にはせめて10キロを1時間以内で抑えられるペースでいきたいところなのだけれども。雪が積もる前にもう少し走りこんでおきたいね。

 

やはり本大会が無いとなかなかモチベーションを維持するのが難しいのが本音だ。

来年の春は制限付きでも開催してくれることを願うばかりだ。