ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

猫が部屋のドアを開けるのを防ぎたい!

昨年我が家に猫がやってきたことをSNS上で紹介させて頂いたが、日に日にイタズラの頻度が上がっていってオモチャを嚙み千切ったり、家の備品を破壊したりと悪い意味で成長している。

 

f:id:teinousennin:20210505084514j:plain

我が家に来た頃の猫様。自分で言うのもアレだが見た目は可愛い。見た目だけは…

 

そんな我が家の猫様ではあるが、先日俺の部屋のドアを開けて侵入してきたのだ!

ジャンプして体重をドアノブに乗せて押し下げて、ドアを器用に開けてだ。

以前からドアノブに飛び掛かっていたのでもしかすると?と懸念していたが、不安は現実のものとなった。

その時の凶悪な顔は忘れられない…

 

このままだと部屋は瞬く間に荒らされて大損害を被ることになるので、何か対策を講じなければならない。そこでGOOGLE検索をしてみると、色々と対策はあったけれどもドアノブの方向を変えるのが手っ取り早そうだったのでこちらを採用してみることにした。

 

使用工具はプラスドライバー1本。

 

f:id:teinousennin:20210505084103j:plain

こちらが元の状態。ドアノブを下げると開くようになっている。

 

f:id:teinousennin:20210505084124j:plain

ウチのやつは上部に「イモネジ」と呼ばれる軸を止めるネジがあるのでそれを外す。

 

f:id:teinousennin:20210505084151j:plain

画像が悪くて申し訳ないが、ネジがナメないように気を付ける。

 

f:id:teinousennin:20210505084207j:plain

ネジを外すとこんな感じでスポっと抜ける。

 

f:id:teinousennin:20210505084220j:plain

ドアの反対側に回って、もう片方のノブを引き抜いてやる。

 

f:id:teinousennin:20210505085821j:plain

ドアノブを90度回転して、取っ手が上になるようにしっかりとはめ込む。

 

f:id:teinousennin:20210505090732j:plain

反対側も同様にしてはめ込む。

 

f:id:teinousennin:20210505090809j:plain

ネジを締める。締め過ぎてナメないように。

 

f:id:teinousennin:20210505090841j:plain

これで完成。ドアノブの機能としては問題なかった。

 

おそらく5分から10分くらいでできるし、DIYというレベルでもないだろうが少なくとも以前よりは侵入されるリスクは低くなったと思う。

もしもこれでドアを開けられたら丸ノブに変えるか、鍵をかけられるようにするしかないだろう。

 

それにしても猫はそこまで賢くはないだろうとタカをくくっていたが、俺の想像を上回る洞察力と学習能力を持っていることに驚かされた。

犬と違って躾けることが難しいとされ、やんちゃを通り越して「破壊神」となった我が家の猫ではあるが、格闘しつつもずっと向き合っていきたいと思う。

そして、ある程度の「災害」も受け入れていかなければならないのだろう。