ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

久し振りにオイル交換をした

乗っているバイク、スズキ・ボルティのオイル交換を春先にやろうと思っていたけれども、何だかんだ言い訳をして今までやってこなかった。

しかし、流石にいつまでもやらないわけにはいかないので、交換用のオイルやら道具やらを少しづつ準備してきて、ついに本日「やってしまおう!」ということで実行に至った。

あくまでも素人の作業ですので、自己責任の上でお願い致します。

 

今回使用した工具や道具はこんな感じ。

17mmスパナ(反対側がメガネレンチになっているタイプ)

1Lのオイルジョッキ

パーツクリーナー

使い捨てのポイパック(2.5L)

着古したTシャツを切り裂いて作ったウェス

エンジンオイル

軍手

 

 lf:id:teinousennin:20210613170255j:plain

走行直後はエンジンオイルが高温になって火傷の危険があるので、オイル交換は行わないこと。しかし、オイルの流れをよくするために少しだけエンジンをかけてやる。

 

f:id:teinousennin:20210613172320j:plain

使い捨てのポイパック。こいつを開封してエンジンの下に設置してやる。

 

f:id:teinousennin:20210613172530j:plain

こんな感じで。

 

f:id:teinousennin:20210613172633j:plain

次に17mmのスパナ(メガネレンチ)でドレンボルトを緩めていく。手が入りにくく、不器用な俺は難儀したものの何とか外せた。この際気をつけなければならないのが、ドレンボルトをなくさないこともそうだが、本来のドレンボルトとは別に同じ形状のボルトがあるのでそれを外してはいけないことだ。オイルパンの真下の「目玉焼き」形状の方が正解である。

 

f:id:teinousennin:20210613173310j:plain

こんな感じで汚れたオイルが下に流れ落ちる。位置が悪かったせいで少しこぼしてしまったが。オイルが落ち切ったら、ポイパックの口を付属のバンドで縛っておく。さらにその上にゴミ袋で覆っておくとよい。廃棄方法は各地方自治体によって異なるのでご注意を。

 

あとはドレンボルトを締めることも忘れずに!この際も締め過ぎないよう(トルクレンチの使用がいいのかもしれない)。

 

f:id:teinousennin:20210613180431j:plain

エンジンオイルを入れる為にキャップを外す。

 

f:id:teinousennin:20210613180823j:plain

今回のオイル交換の為に購入したオイルジョッキ(1L)。今回は1.3L補充する為に、1L,0.3Lと2回に分けることにした。

 

f:id:teinousennin:20210613185258j:plain

こぼれないように。

 

入れ終わったら周囲に付着したオイルをパーツクリーナーとウェスで拭いて後片付け。

 

これが一連の作業の流れとなる。勿論これは素人のやり方なのでもっと効率的な方法はあると思われるので、あくまでも参考程度に。

 

実はオイル交換を自分でやるようになったのはここ最近の話だ。以前は行きつけのバイク屋があってそこで一通りやってもらっていたけれども、最近は店が開いていないことが多く、バイクの修理をやっている店が住んでいる地域には少ないので仕方なく自分でやる形になったのだ。

 

本音を言うと片づけとか廃材の処分等が面倒くさい。それでも店に頼むよりも何百円は安くはなるけれども。

 

俺の乗っているボルティのように250ccみたいに車検が無いバイクは全てユーザーの自己責任になる世界なので、定期的に消耗品がないか等の確認を行わなければならない。それが心配ならば信頼できるバイク屋を見つけておくことが重要だろう。

 

そろそろ本格的にバイク旅をやってみたいけれども、コロナとワクチンの状況次第だろうな。