ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

残り少ない髪を…

どうもこんばんはです。今年も無事「マック納め」を終えて感無量のていのうでございます。

 

昨日美容室に行くのが億劫だとブログで書いたけれども、本日何とかバックれずに行くことができた。

 

 

teinousennin.hatenablog.com

 

本当は昨日行くつもりだったけれども、年末年始と言うこともあって予約が立て込んでいて取れたのは今日のお昼くらいだった。

店に到着するとまずは〇ット×ッパービューティーのサイトを開いて髪型をチェック。

店内に入って名前を書き、イスに案内されてから要望の髪形を女性美容師さんに伝える。

 

俺 (スマホを見せながら)「この髪型でお願いします」

美容師さん 「え?かなり短くなりますけどよろしいですか」

俺 「いいですよ~」

 

カット中は世間話もなく、ただひたすら置いてある雑誌を読む。カットが終わるとシャンプーをして、それから頭皮のマッサージと仕上げをして終わり。

 

そして半年間モサモサでキモロン毛の数歩手前の髪形がこんな形になった。

 

f:id:teinousennin:20211230173738j:plain

普段はワックスをつけないが、たまにはということでつけてもらった。何時間か経ったら風呂で洗い流すだけだが。

 

セットをしてボリュームを加えればまだ大丈夫かな?と錯覚させられてしまうが、毛が細くて量も少ないのであまり安心はできない。次回行くときにどこまで残っているかが問題だ。一定のレベルを超えていたらバリカンでのセルフカットに移行するだろう。

 

俺のような高齢虚無キャが美容院に行くなんて滑稽だろうけど、会話とかそういうのを除いたら割かし好きだ。1000円カットとかと比べたら料金は桁違いだけど、シャンプーもしてもらえるし、頭皮にジューッとするやつ(詳しくはわからない)も個人的には気持ちよくて気に入っている。

 

次回行くときは思い切ってカラーでも入れてやろうかな?個人的には明るいグリーンとか部分的に入れてみたいと思っているけれども、そういうのは〇ンキとかに売っているやつを使ってセルフ染めでやらなければならないので、目立ちにくいアッシュ系とかになるのだろうな。