ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

何で海外はマスクを外したり日常生活に戻りつつあるのに日本はできないのか?

どうもこんにちは。ついに耳鼻科へ行ってきたていのうでございます。その経緯は後日ブログにて記事にさせて頂きます。

 

先日、海外の音楽フェスでは密、大声、ノーマスクなどなど日常生活に戻っていて羨ましいという記事を書かせて貰ったけれども、フェスに限らず大リーグのオープン戦のニュースを見ても誰もマスクを着けておらず、密になっているのが普通に流れてきている。

未だに理解できないので、俺なりの妄想を書いてみることにする。あくまでも妄想レベルなので、各自調べるなりすることを推奨するし、間違いであれば是非とも指摘してほしい。

 

 

teinousennin.hatenablog.com

 

 

 

マスクに対しての抵抗の違い

日本人はコロナ前から風邪をひいたりインフルエンザに罹ったりしたらマスクを着用する習慣があってマスクを忌避することがなかった。それに対して海外(特に欧米)はマスクを着用する文化や習慣がなくて、相手の口元を見る風習があったのでマスクはあまり受け入れられなかった。流石にコロナの始まりの頃は外国の人達もしっかりと着用していたけれども、ワクチン接種が進んでいくと徐々に外すようになっていった。

 

それに対して日本は上述の通りマスクに対して抵抗が無く、元々潔癖症で衛生面でも気を使う民族性なのでワクチン接種が進んでもマスクを外す人はあまり(殆ど?)いない。

その他にも日本人の同調圧力の強さや、マスクの利便性(表情を隠せる、髭剃りをしっかりしなくていい、etc…)を支持している人が多いこともあるだろう。

 

日本の医療体制はコロナに対して脆弱

日本は病床数は世界でもトップクラスと言われているけれども、それにも関わらず医療体制の逼迫が叫ばれてきた。それは海外と比較すると病院辺りの医師の数が足りておらず、新型コロナウィルスへの対応ができないということらしい。

医師の数自体は少なくはないが病院の数が多いものの医師が少なくて上手く回らずに激務になりがちといえば良いのだろうか。

あとは国民皆保険で海外と比較すると非常に安い診療費で治療できる弊害なのか、患者の数が圧倒的に多いという理由もあるだろう。

こういった点を踏まえて、現在の第二類から五類への引き落としができないように思えるが如何だろうか(他にも理由があるかもしれないが)?

 

まとめ

思いつくことを簡単に書いてみたけれども、正直言って日本がウィズコロナになるのは不可能であるという絶望観しかない。

あれこれ文句を言うならばアメリカでもヨーロッパでも行けばいいじゃないか!という正論が飛んでくるだろうが、手元に10億円あればとっくに移住しているよ。それか、4年総額100億円の契約で海外企業と契約するとか。

どっちみち国内で力尽きるのを待つ身でしかないが、せめて海外では日常生活に戻れて日本がダメなのかをわかりやすく説明してほしいと思う。特に物凄い勉強をされて実績もある専門家の方々に。そうすれば国民の不満も軽減されると思うがどうだろうか?

 

いずれにせよ、少なくとも今年(おそらく来年以降も?)一杯は従来と変わらないか、下手したら逆行する可能性も大いにありそうではあるが、この国に住んでいる以上はそれに従わざるを得ないだろう。

それでも、敢えて文句を一言言わせて貰おう。

 

いつまでもこのままではやっていけないぞ、絶対に。