ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

最初の会社で我慢して良かったと思うこともある

以前「石の上にも三年」という働き方について書いたことがあるが、今回のその続きを書こうと思う。

 

teinousennin.hatenablog.com

 

以前は「石の上にも三年」という働き方について否定的に書いたけれども、今は完全に間違いでもないと思うこともある。

 

 

最初の会社での職歴がなかったら再就職できていなかった可能性がある

専門学校を出てから就職した会社では5年以上在籍して、その間に当時の上司と同居している家族との間で板挟みに遭って、精神的にも辛い状況になった(その後遺症は今でも残っているが)。

しかし、もしも入社してから3か月くらいで退職して、その後長期ひきこもり・ニートをやっていて、そこから脱ひきこもり・ニートをして再就職活動をしていたら、その間の空白期間を確実に突っ込まれるだろう。そしてそのまま再就職浪人をずっと続ける羽目に陥っていた可能性も高い。

少なくとも、職歴があった方が再就職をするという段階ではプラスになるということだろう。

 

取得してその後も活用できている資格もある

最初に入った会社で取得した資格がいくつかあるけれども、その中にフォークリフトの免許がある。今の職場でもごくまれにフォークリフトを動かすことがあるけれども、もしもすぐに辞めていたらフォークリフトに触れることもなく過ごしていたと思う。

あと、資格ではないけれども昔の運転免許の恩恵を受けたお陰で、2tトラックを運転することもできるようになった(今もできるかは正直不安だが)。

 

まとめ

思い返してみると、あの5年以上は全く意味が無かったとは言い難い。他の人よりは少額ながら貯金もできたし、再就職も一応できたので。

ただ、だからといって他の人にも「石の上にも三年」と言って我慢を強要することはできない。続けられるならば続けた方がいいという思いはあるけれども、心身共に後遺症が残るようなことはないとは言い難いし、責任も取れない。せいぜい失業給付が貰えるくらいまでは続けた方がいいかな?くらいしか言えない。

 

俺の場合は5年以上続けたおかげで今も再就職した会社を続けることができているが、トータルで考えたらどうなのかな?というのが本音だ。

少しの貯金といくつかの資格と引き換えに、脱引きこもり・ニートを勧められないくらいの「後遺症」を背負った今の状況を省みたり、他の方々のように苦労しながらもスキルアップや収入アップしていく姿を見ていたりすると特にそう思う。

 

今わかることと言えば、当時はその判断がある意味で正しかったということだ。

そして「高齢者」になって転職も困難な年齢になってしまった状態であるが、過去の失敗、怒り、憎しみ、情けなさを教訓に今何ができるかを考えることが重要なのだろう。