ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

twitterよりもブログの方が良いかもしれない

どうもおはようございます。爪切りの万能性には日々助けられているていのうでございます。

 

昔よりはマイブームは去った感はあるけれども、未だにtwitterは必要不可欠だ。ブログの告知とか、ニュースを見たりする為に。

以前は1日に3時間くらいはtwitterとにらめっこしていた時期もあるけれども、今はゲーム等に集中しているとtwitterは放置気味になるというか、「なくてもいいかな?」という風に変わりつつある。それでも一旦見だしたら承認欲求が上昇してしまうのだけれども。

 

そんなtwitterだけど、最近はブログの方が合っているかな?と思うようになった。

その一番の理由が、twitterは修正できないという点だ。予約投稿とかだったら別かもしれないが、誤字脱字が多い俺にとっては死活問題だ。後から自分の呟きを見返してみると誤字があったり日本語としておかしかったりするのを見ると恥ずかしくなるし、だからといって取り消すには時すでに遅しだし(既にいいねやRTを貰っているので)。

そういう場合は返信機能で訂正の告知をするけど(例:自身→自信)。

 

その点ではブログはいい。twitterと違って投稿自体がめんどうだったり、人によっては「こんな短文でブログ記事にしていいわけがない!」といった縛りがあったりするけれども、加筆修正のしやすさにおいては圧倒的だ。

なのである程度形にさえなっていれば「エイヤ!」的な勢いで投稿できるのだ。悪く言えばやっつけ仕事だが。

 

勿論twitterには修正できない代わりに拡散力や新しい情報が入りやすいメリットもあるので一長一短だけど、俺みたいに文章を考えるのに時間がかかる上に誤字が多いタイプはブログの方が合っているような気がする。