ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

ロッキー3を観た ネタバレ注意

前作も長ったらしく書いてしまったけれども、今回も長文で申し訳ないが、ロッキーシリーズの話を。

 

 

あらすじ


前作のアポロとの激闘を経てヘビー級チャンピオンとなったロッキーは10連続防衛を達成し、巨額の富を得て順風満帆の日々を過ごす。しかしながらかつての闘争心を失ってしまった。
そんな中、若さと勢いのあるクラバーがランキング1位となり、ロッキーに挑戦を申し込む。当初からトレーナーのミッキーから対戦を止められてきたロッキーだったが、妻のエイドリアンを侮辱した挑発に我慢できなかったロッキーはこれを引退試合にするという条件で挑戦を受けることに。
そして迎えたクラバーとの試合では、かつてのキレも闘争心もなくなったロッキーにはクラバーの猛攻に太刀打ちする術もなく、2ラウンドでKOという無様な結果となった。
更にその際にミッキーも心臓発作で喪ってしまう…
そんな失意の中にいたロッキーの前に現れたのは、かつて2度の激闘を演じたアポロだった。ロッキーに失われた闘争心を取り戻させようとする為に。
アポロという強力なバックアップを得て、再びトレーニングを再開していく…

 

生活環境が一変


チャンピオンとなって10連続防衛を達成し、CM出演等も増えて国民的スターにのし上がったロッキー。大きな豪邸や高級車、バイク等を手に入れて前作とは打って変わってセレブになっている。逆に言えばそれが闘争心を失わせて腑抜けになってしまうのだが。まあ、大抵の人間はそうなるよなあ。

 

ポーリーとの対比


物語冒頭でロッキーが取りざたされる中、うだつの上がらないポーリーは通りがかったゲームセンターでロッキーの写真が掲載されたゲーム機に物を投げつけて警察に捕まってしまう。ロッキーが身元引受人として現れるんだけど、栄光を掴んで立派なセレブとなったロッキーと、未だにくすぶるポーリーとの対比が見事に描かれている。
ポーリーは毎回ろくなことをしないけれども、それでもどこか見捨てられない魅力がある男なのだ。

 

ミッキーの死


第一作目からいがみ合いから和解して、絶大な絆を築いたロッキーとミッキー。クラバーとの試合直前に患っていた心臓が悪化して、ノックアウト直後に息を引き取る。時に厳しく接しては対立し、それでも二人三脚で成功を収めてきた2人には親子以上の絆が生まれていたのだ。よくよく考えればロッキーのハングリー精神を失わせた一因はミッキーにもあるのだけど、それはロッキーを守りたいという思いやりでもあったのだ。

 

アポロとの共闘


ミッキーの死とクラバー戦での敗戦で失意のどん底だったロッキーの前に現れたのは、アポロだった。かつてのロッキーには「虎の目」があった。つまり再び闘争心を取り戻させようとしたのだ。
そこでアポロの故郷のカリフォルニアにて、「トレーナー」アポロによる猛特訓が始まる。かつては力を入れていなかったスピードを重視したトレーニングを行うけど、敗戦のショックから立ち直れないロッキーは練習に身が入らず、すぐに音を上げるザマ。流石のアポロも見捨てようとするけれども、そばにいたエイドリアンの叱咤激励でまた練習に取り組んでいく。ミッキーの役目をアポロが見事に引き継いでいる。
そして、アポロとの猛特訓にて新しいボクシングスタイルを身につけたロッキーは、ラングとのリターンマッチで見事勝利を納め、再びチャンピオンに返り咲く。そして、試合後にロッキーとアポロは誰もいないリングでひっそりと「第三回戦」を始めて物語が終わっていく…

 

感想


前作を観た者としては、人間というのはお金や生活環境でかなり変わってしまうものだということ。冒頭のロッキーは前作と打って変わって余裕ありまくりだし、調子にも乗りすぎている。
そういう意味で言ったらアポロはしっかりしてるなと思う。チャンピオンから陥落しても堕落することはなく、失意のロッキーを厳しくも支えている。


今作からは「失う」ことがカギとなってくる。今までは貧しく、失うものがなくひたすら上を目指していく展開だったけれども、今回は大切な人を失うという重くて避けようのない試練がのしかかってくる。
どうしようもない悲しい現実はどんな人にも訪れるだろうが、それでも歩み続けていかなければならないというメッセージがこの作品にはあるのだと勝手に思った。