ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

そういえばこのブログを開設して1年が経ったなあ

今になって気付いたのだけれども、今の「ダメ人間にもなれない」を開設して1年が経っていた。本当に月日の流れの早さはかくも恐ろしいものだなと。

 

当初は今はもう閉鎖してしまった「GAMEMEMO」というサイトを勝手に受け継ごうと思って書き始めたのが切っ掛けだった。俺が思う社会不適合者の生き方や働き方といったものをネガティブながらも熱く書いた。最初の3カ月は月10本は当たり前の様に書いていたし。

 

しかし、書いていくうちにネタ切れになってきて、同じようなことを繰り返し繰り返し吐き出し続けていると徐々にブログに向けるエネルギーが失われてきた。それで月に2~3本くらいのペースになっていって、8月に至っては全く書いていない。

 

それでも以前の様にブログを消すようなことはしたくなかったので、「半活動休止」のスタンスを取りつつも何とか灯を絶やさずにやってきた。

 

ブログを消すことはしなかったけど、実質的には殆ど書いていないに等しい。その癖「アクセス数」のチェックと他の読者登録させて頂いているブログを読むことは忘れない日々。気楽と言えば気楽だったけど、やはりどこかで物足りなさを感じていた。

 

そんな時、読者登録しているMutrさんが運営している「無気力雑記」が気になった。彼は現在引きこもりニートを自称していながらもブログやFXなどで積極的に収入を得ようとする、俺とは正反対の立場だ。

 

記事の内容もアクティブで様々なことに挑戦していっていることが目立つが、何と言っても記事の数が多い。多い時は月に50~60本は書いていたし、現在もほぼ毎日のペースで書いておられる。

 

アクセスアップには記事の内容を充実させることも無論重要だが、それ以上にとにかく記事を仕込むことが重要なのだろう。かの有名なマナブさんもかつては1日に1本もブログを書けないのは甘えだと言っていたが、今なら何となくわかる気もする(それすらできない人間のことも想像しろよとも言いたくもなるが)。

 

なのでしばらくは薄い内容の記事を量産していこうと思う。そして2周年、3周年と続いていけたらいいだろう(1周年を記念して特別なことはやりません)。