ダメ人間にもなれない

年金、福祉のない超低資産の老後生活

まだ引っ越してない

鍵を貰って一週間が経つものの、未だに引っ越しは完了していない。徐々に生活必需品を買って部屋に入れたり、様々な手続きをしたりしている状態だ。

 

今回は折り畳みテーブルと折り畳み椅子を買ってきた。食事用でなくて、書き物や事務作業をする為のものだ。俺は変なところで潔癖症なところがあって、書き物をする場所と食事をする場所は一緒にしたくない。なので事務用の机は俺にとって必要不可欠であったのだ。

 

今回買ったのは割とお安めで、テーブルとイスを合わせて10,000円以内。テーブルは水分厳禁で、食器を置く場合はランチョンマットやコースターが不可欠とのこと。テーブル上で飲食をするつもりのない自分にとっては何の問題はない。

組み立てもさほど困難でなく、手先が不器用な俺でも難なく組み立てられた。

 

あとはガスの開栓をしてもらった。電気は鍵渡し当日に通して貰えたけど、ガスは立ち合いが必要で、予約の関係上一週間遅れることになった。まだ実家暮らしだったから問題は無かったが、これで同居人がいたら確実にトラブル案件となっただろう。

 

ガス屋さんが来たら最初は外のメーターの確認から始めた。それから部屋の中に入ってガス栓、ガスコンロの確認を行った。その間に俺は用意された書類を書いたのだけれども、あろうことか記入欄以外のところを間違って記入したのと、印鑑が上手く押せなかったのだ。間違って記入した部分は何とかなって、印鑑はもう一度空いた箇所に押せば問題がないとのことで一安心。

昔は書類を書くのはそんなに苦手じゃなかったのにな。

 

ガスの開栓は無事終わり、お湯も問題なく出ることも確認できた。その後は簡単なマニュアルを渡されて帰っていった。これで風呂とシャワーが使えるようになった。

 

あとは運転免許証の住所変更の手続きにも行ってきた。こういう役所関係の手続きは平日じゃないとできないかと思っていたけれども、日曜日も開いていて対応してくれるとのことだったで有難かった(無料で行ってもらえます)。

当初は込んでいて最悪別の日にしなければならないと予想していたものの、実際は結構空いていて、思いの外早く対応して貰えた。免許証と住民票を渡してコピーを取ってもらい(本書は返してもらえる)、名前と新住所を書いておしまい。

新しい免許証になるのかと思いきや、実際は裏面に新住所が記載されるだけだった。

 

こんな感じで牛歩ペースで一人暮らしの準備をしているが、結構疲れる。一階の部屋じゃないのでちょっとした物を運ぶだけでもバカにできない運動になってしまうし、買い出しにもちょくちょく行かなければならない。今のところは楽しんでいるつもりだけれども、正直ゲームをやる余裕がないのだ。ゲーム配信の再開は今のところ不透明だ(準備がなくとも事実上の活動休止状態は変わらなかったと思うが)。

 

まだまだやることは山積みだけど、一応は生活ができる環境になったのでそろそろ向こうで寝泊まりを始めてみようと思う。

今月半ばには本格的にスタートしてみたいところだ。